2006年07月16日

自分を受け入れるということ(3)

私は、自分の行動パターンを変えたら人生が変わった、という経験をしました。

なにが一番変わったのか、ということを考えてみると、人に受け入れられるようになった、ということだと思います。

それまでは、顧客のところへいっても、おざなりのことしか話しませんでした。

ちょっとした世間話の後に製品の宣伝をして、またよろしくお願いします、といって帰ってくる。

売れようが売れまいが、それしかやってなかったのです。

やってなかった、というより、それ以外できなかった、といってもいいと思います。

顧客は私がなにを売っているかは分かっていても、私がどんな人間かは分からなかったと思います。

分かってもらえなくてもいい、そんな歪んだ開き直りは、それまでの人生の生き方の反映だったのでしょう。

気に入らない人とはコミュニケーションを持ちたくない、という潜在意識が確かにありました。

自分と肌の合わない人、考え方の違う人、一方的な人、横柄な人等々、私の周りにはよくぞこれほど、というくらい、自分の嫌いな人たちが集まってました。

絶対心など通わすものか、というのが当時の私の基本的構えだったのだと思います。

どうしてこんな構えができたのか。




続きを読む
posted by kurasan at 02:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

自分を受け入れるということ(2)




営業で実績が伸びないまま1年が過ぎ、仕事にも自分にも嫌気がさしてました。

ある朝、会社での内勤業務をすませ、いつもの喫茶店でうだうだしてました。

会社やめたらどうするんだろ。まずは岡山離れて東京へ戻るんだろな。そしてそこで新しい仕事見つけるんだろな。見つかるかな。それまで生活どうするんだろ。嫁さんもいるし。両方の親はなんていうだろう。

毎日そんなことばかり考えてました。

そこへ、仲のいい先輩が来ました。

「どうした。最近元気ないな。なんかあったのか?」

この先輩にはいつも自分の正直な思いを打ち明けてました。

「もうやる気ないっすよ。数字でないし。やっぱりこの仕事向いてないみたいです。東京へ帰って違う仕事見つけようかと思って、最近ずっと考えてるんですよ。」

こんなことをずっと先輩にえんえんと一人で話してました。

じっと私の話を聴いていた先輩は、しばらくして一言私にいいました。

その一言のお陰で、私の人生が180度変わった、といっても言い過ぎではないくらい、私にとっては重い、重い言葉でした。続きを読む
posted by kurasan at 11:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分を受け入れるということ(1)




精神的に病んで、会社を休職する人が増えてます。

最近、休職から復帰する人の研修を実施しました。

見た目は普通なんですが、まだ薬を飲まねばならないので、飲んだ後、どうしても眠たくなるようです。

この方面の薬を販売している会社に勤めている方に話を聞いたのですが、やはり中にはどうしても眠たくなるものがあるようです。

この方も、話をしているときは少々もたつくくらいで、ほとんど以前と変わらないのですが、講義を聴く段になると、すぐに目が閉じてしまいます。

聴くほうもつらいでしょうが、話すほうもつらい!

私も決して精神的に強いほうではないのですが、今のところ薬の世話になったことはないので、もしかしたら運がいいのかもしれません。

環境がたまたま著しく自分と合わないと、私でも同じような状態になったかもしれません。

思い当たるふしは山ほどあります。

続きを読む
posted by kurasan at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。