2006年06月17日

おすぎとピーコ

新入社員の仲のいい二人組みがいました。

おすぎとピーコと呼ばれてました。

もちろん二人とも男です。

二人ともやせてて、一人はほおがこけて顔が三角形。もう一人は割りと丸顔でひげが濃かったです。

研修中はビジネスホテルに宿泊してたのですが、やせてるほうは、部屋にやまのようにドライフラワーを飾り、もともとホテル側が部屋に飾った絵を、自分好みの絵に飾り替えてました。

さっそくホテルの担当者から、研修事務局のわれわれにクレームが入りました。

そりゃそうだ。

やせてるほう(たしかおすぎ)を呼んで、注意し、元通りに戻すよう伝えました。

すると、

「でもぼくぅ、そんなに悪いと思ってないんですけどぉ。」

と、全くおすぎそっくりのしゃべり方で訴えました。

その後もちろん、こんこんとお説教しちゃいました。

これでちゃんと営業できるのかしら、と思って現場に送り出しました。

しばらくして、彼が顧客におすぎと呼ばれてる、という報告が入りました。

たぶん、本人がそう宣伝してたんでしょうね。

自覚してたってことね。
posted by kurasan at 17:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

ひげずらに涙

秋の新人研修というのをやりました。

春に研修が終わった後、各配属先へちらばった新人が、秋にもう一度集まるのです。

約一週間、自分たちの現状や悩みなどを共有する場です。

それが終わって、いよいよ最後の別れになります。

次に全員集まるのはいつかわかりません。

帰りの電車・飛行機が早い人間から先に研修所をあとにします。

ひとり、またひとり、と同期が少なくなるうちに、結構ひょうきんで、背も小さく、いつもおどけていたひげずらの研修生が、ハンカチで流れる涙を押さえてました。

彼の笑った顔しか見たことのなかった私は、ハンカチを大きく広げて、まるでタオルみたいに顔を覆った姿に、思わず少しだけもらい泣きをしてしまいました。

新人たちには色々苦労させられますが、それ以上にいっぱいあったかいものをもらってます。
posted by kurasan at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

研修室は仮眠室?

とにかくよく寝ます。新人は。

そのあきれるくらい、気持ちよさそうに目をつむって(ほとんど白目になってる)、前に立つ私と対峙する姿をみると、おもわずたじろぎます。

起きようとしている努力は若干認められますが、抵抗も最初だけのようで、いちど目をつむると、即別世界へ。

「はい、じゃあ、いまのところ答えて!」

と、そのゆめうつつの天国を破壊するのがわたしの役目。

いわれたほうは、「へ?」という感じで我に返ります。

もちろん、周りの仲間は「いまのところ」なんていう質問自体存在せず、私のいじめにちかい目覚まし効果を知っていますので、くすくす笑って見てます。

これからだんだん研修室も暑くなり、ますます白目軍団が増えてきます。

午後、たまに全員立たせて実施するストレッチがまず必要。
posted by kurasan at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。