2006年09月14日

大学病院の検診

久しぶりに、ある大学病院へ行って検診を受けてきました。

いつもとても混んでいるので順番待ちが大変だったんですが、最近大分スムースになりました。

大学側の努力に敬意を表したいと思います。

ただ、今日は一つだけおかしいと思ったことがあります。

超音波の検査をする予約をしていたんですが、予約の受付にいったとき、受付の女性からいわれました。

「外来へ行ってカルテをもらってから検査室へ行ってください。」

さも当然そうにおっしゃるのですが、うーん、と思ってしまいました。

時間に余裕を持って行ったんですが、混んでいること、検査場所もなかなか分からず、ただでさえあせっているときに外来へまた戻ってカルテをもらうのは、本当に患者のやるべきことでしょうか。

と思ってとっても腑に落ちなかったんですが、私がなんでこんなに気分が悪いか、ちょっと考えてみました。今まで血液検査で待たされても、外来で待たされても、患者がいっぱいいるんだからしょーがない、と思ってあきらめていたせいか、今まで腹が立ったことはありませんでした。

今回なぜ腹が立ったのか。

原因の一つは病院のシステムが改善されてきたこと、そしてもう一つが受付の人の発した言葉だと思います。

システムが良くなってきたから、余計にこれもこうあって当然だろうといった勝手な期待、勝手な思い込みが出てきたのだと思います。

受付の人が、お手間ですがカルテを取っていっていただけますか、というような言葉だったら素直に受け容れられたのでしょう。

最近外来でも「患者様」、「○○様」という呼び方に変わってきています。

その是非はともかく、患者を顧客扱いするなら、基本的な受け容れの精神はどの部署でもあってしかるべきではないか、という私の思い込みが、受付の人を受け容れなかったのでしょう。

環境によって、いつの間にか知らない間に思い込みが思考を牛耳っているような気がしました。

心理的にひっかかったらよーく自分を振り返らねば。

ただし、その場合は自己嫌悪ではなく、そうだったんだという受け容れの精神で。
posted by kurasan at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。