2006年09月05日

公園のはと

昼休みに会社のそばの公園を散歩してるんですが、木陰で鳩が5,6羽太陽をさけて地面に座っていました。

すぐそば、50cm位のところを歩いて通っても、鳩さんたちは微動だにしません。

最近の鳩は近くにいっても全然逃げませんね。もちろん場所によるでしょうけど。

すずめも大分逃げなくなったと思いませんか。

結構近くにいっても逃げないような気がします。

これは進歩(進化?)なんでしょうか。

どちらかというと、退化という気がするんですが。

自然の動物の本能が変化してるんですかね。

それほどたいした問題ではないかもしれませんが、いつかお話した、ぬるま湯の蛙を思い出しました。

環境に甘んじて、自ら滅んでいくような・・・・・

ただ動物もこだわりがなくなれば、不必要な争いはなくなるかもしれませんね。

鳩さんたちは、逃げる必要がないから逃げないんであって、それはそれなりに受け容れてもいいかもしれません。
posted by kurasan at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。