2006年08月21日

大うそつき

先日、会社へ行く途中で外国人のカップルに呼び止められ、道を尋ねられました。

地図にも英語で書かれていたのですが、ああ、あそこね、と思い、ここまっすぐいけば左にありますよ、みたいなことを、なんとか英語で伝えました。

会社について、気になったので調べたら、おおうそでした。

まったく反対方向。(^^;

悪かったなあ、雨も降りそうだし、としばらく引きずってましたが、頭の良さそうな人たちだったから大丈夫だろう、と勝手に安心して終わりました。

そういえば、以前外国へ行ったとき道を尋ねたら、とんでもない方向を教えられたことがありましたっけね。

その国の人でも、知らないことって結構あるんだなと、自分を振り返って思いました。

やはり、最後は自分の目と判断に頼らないといけませんね。

人のせいにしてみても、なんかすかっとしませんもんね。(弁解してるみたい。(^_^)/)

でも、人を信じるというのは、もし間違っていても恨まずに、自分のことは自分で責任取るということなんでしょうね。

書けば書くほど弁解に聞こえるからこのへんで(^^)。
posted by kurasan at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。