2006年09月07日

破傷風のおそろしさ





今日、研修で「震える舌」という映画を見ました。

小さな女の子が破傷風にかかり、家族が巻き込まれる、という実話をもとにした映画です。

三木卓という方が書いた小説を元に作られた映画ですが、三木さんの娘さんが確か、実際にこの病気に罹ったと記憶しております。

この映画は破傷風という病気の恐ろしさを知らせるだけでなく、家族の一番大切なものを教えてくれる映画と思います。

破傷風は、全身の筋肉が緊張し、最終的に呼吸筋の麻痺により、死亡する可能性が高い病気です。

1950年代は、毎年亡くなる方が2000人近くいたようですが、2000年前後は10人くらいに減ってます。

これは3種混合ワクチンの普及によるものとされてます。

欧米では、患者を破傷風にしてしまう医者は、医者としての生命を絶たれるそうです。

それだけ破傷風の予防は必須になってます。

この映画を昔見て、こんな病気で自分の子供を絶対に失くしたくない、と思ったものです。

最初は口が開かなくなり、何度も舌をかんでしまい、そのうち全身が硬直して弓反り発作が起こります。

ちょっとした音や光などの刺激ですぐに発作が起こるようになります。

そして呼吸ができなくなり、死亡してしまう、という恐ろしい病気です。

映画では、幼子の病状の悪化を目の当たりにして、両親は自分の子の死を覚悟します。

発作によって心電図が止まる。

人工呼吸によって再び呼吸が始まる。

そんな姿をみて、両親はぼろぼろになる。

幸運にもこの子は助かります。

でも、父親はこの子が危ない状態になったとき、そっと心で誓います。

「ごめんね。助けられなくて。もしおまえが死んだら、もうお父さんたちは絶対子供を作らない。お父さんたちの子供はおまえだけだよ。」

子供を持った親の、本当の心がここにあります。

たとえその後子供を持ったとしても、両親は自分たちを受け止められるのではないでしょうか。

その子に愛をはぐくんだという真実を抱いて。

ところで、35歳以上の人は、ワクチン接種している確率が低いそうです。私も打ってもらおうかと思ってます。
posted by kurasan at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲド戦記





「ゲド戦記」を見てきました。

絵はお父さんの宮崎駿監督にそっくりですが、全体の雰囲気は違いました。

第一印象は、余りたいしたことはないな、という感じでしたが、どういうわけか、なんか心にひっかかりました。

途中で、女の子がアカペラで歌った歌が、頭の中でずっと再生されてました。

そのうち、メロディがあやふやになりました(笑)。

ようするに、その歌がものすごく気に入ったんです。

というわけで、もう一度見てしまいました(笑)。

そうすると、宮崎吾朗監督の独自性がなんとなく分かってきたような気がします。

駿監督の一連の作品より、言葉で示唆するものがより直接的で、映像はどちらかというとシンプルで、それが却って印象に残るのかな、と私には思えました。

見る前は、どうしても駿監督の流れを勝手に期待してたんでしょうね。

全く違う作品なんだと思うと(当たり前ですが)、一場面一場面が心にすっと入ってきて、それがだんだんと印象に強く残るような気がします。

クモ(魔女)役の田中裕子さんは、最高のできです!(笑)

一緒に見に行った息子と、いつもセリフの反芻をして楽しんでます。
posted by kurasan at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。