2006年09月05日

公園のはと

昼休みに会社のそばの公園を散歩してるんですが、木陰で鳩が5,6羽太陽をさけて地面に座っていました。

すぐそば、50cm位のところを歩いて通っても、鳩さんたちは微動だにしません。

最近の鳩は近くにいっても全然逃げませんね。もちろん場所によるでしょうけど。

すずめも大分逃げなくなったと思いませんか。

結構近くにいっても逃げないような気がします。

これは進歩(進化?)なんでしょうか。

どちらかというと、退化という気がするんですが。

自然の動物の本能が変化してるんですかね。

それほどたいした問題ではないかもしれませんが、いつかお話した、ぬるま湯の蛙を思い出しました。

環境に甘んじて、自ら滅んでいくような・・・・・

ただ動物もこだわりがなくなれば、不必要な争いはなくなるかもしれませんね。

鳩さんたちは、逃げる必要がないから逃げないんであって、それはそれなりに受け容れてもいいかもしれません。
posted by kurasan at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビートルズは皆ポジティブ?

家族でビートルズの「アビー・ロード」を聞いていたとき、嫁さんがいいました。

「ビートルズって、暗そうな曲でも暗く感じないんだよね。」

うーむ、なかなか深い意見かも(笑)。

私はビートルズメンバーの生い立ち等に関する本は読んだことが無いので知りませんが、ジョンがストロベリーフィールズ(孤児院)にいたという話は知ってます。

ほかのメンバーはともかく、ジョン・レノンの子供時代は決して明るいことばかりではなかったはず。

それが彼のすばらしい作品を生んだ根源なら、彼の人生観というものはどんなんだったんでしょうね。

昔のビートルズのインタビューでは、ジョンやポールは結構アイロニカル(シニカル?)でウィットに富んだ応酬をしてますね。

彼らのデビュー当時は忙しすぎて精神的余裕もなかったんでしょうが、でも、色々なストレスや逆境を乗り越えるなにかを彼らは持っていたのかもしれませんね。

イギリス人はどんなことでもユーモアで笑い飛ばすと聞いたこともあります。

人によっては違うでしょうが、そういうお国柄もあるのかもしれませんね。

生まれついてのポジティブ・シンキングを、ビートルズメンバーはできていたのかもしれません。(もちろん苦悩はいっぱいあったでしょうが。)

posted by kurasan at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。